体験談240509「深く落ちたい」

久しぶりに対面で現象系の催眠を掛けてきました。
お相手の掛かり手さんがあまり経験がなかったということで、「腕がだんだん開いていく」「伸ばした肘が曲がらない」「飲み物の味が変わる」「画像です観ているネコちゃんに自分がなってしまう」等々、オーソドックスなものにしました。 
二人でお酒を飲みながらしていたんですが、ハイボールが水になったときは驚いたようでした。 「本物を10としたら、いま飲んでるもののハイボール度はどれくらいですか?」「2、かな……」「はい、全部水に変わります」パチン。「水だ!」「続いて、元のハイボールに戻ります」パチン。「お酒だ!」なかなか素直な方でした。
 これからやってみたい催眠はありますかと訊くと、「深く落ちていきたい」とのことでした。 
こう望む掛かり手さんは、結構多いです。以前頼まれた方をできるだけ深く落としたのですが、そのときは「自分のほとんどが周りに溶けてしまって、小さな核だけになってしまったようでした」と語っていました。そのことを彼女に告げると「いいですねぇ」、と。 
深く落ちたい女性の願望もまた、深いようです。
更新情報